神経・生理心理学

著者

碾 堅吉 放送大学客員教授・自治医科大学教授

発行年

22

ISBN

978-4-595-32317-1

サイズ

A5

ページ数

304

全体のねらい

神経・生理心理学では、心の生物学的基礎についての学びを主題とする。本書では、知覚、記憶、学習、感情、意識などの心の働きを担う脳の機能を中心に解説する。また、睡眠、生体リズム、遺伝子と行動、心の発達、心の病気についても、その生物学的基礎を紹介。これらの知見に加えて、心の生物学的基礎を明らかにするための研究手法についても触れ、神経・生理心理学の総合的理解を目指す。内容は、公認心理師試験出題基準(ブループリント)の項目を網羅し、臨床の現場に関連する話題も扱っている。

章の構成

1.神経・生理心理学への招待 
2.心の生物学的基礎(神経系 法
3.心の生物学的基礎(神経系◆ζ睚泌系) 
4.外界を知覚する仕組み 
5.外界を知覚する仕組み◆
6.記憶の生物学的基礎 
7.学習・認知の生物学的基礎 
8.情動の生物学的基礎 
9.意識の生物学的基礎 
10.コミュニケーションの生物学的基礎 
11.睡眠・生体リズム 
12.遺伝子と行動 
13.心の発達の生物学的基礎 
14.心の病気の生物学的基礎 
15.まとめと展望
販売価格 3,080円(税280円)
型番 1646

番組表から探す

カテゴリーから探す

コンテンツ