保健医療心理学特論-保健医療分野に関する理論と支援の展開-

著者

小林真理子 放送大学教授

発行年

22

ISBN

978-4-595-14171-3

サイズ

A5

ページ数

284

全体のねらい

医療の進歩に伴って、精神科医療のみならず身体科医療や地域保健などさまざまな領域での心理的支援のニーズが高まってきている。本書では、保健医療分野での業務の特徴や職域の紹介、さまざまな実践現場での心理支援や課題について解説する。多職種と連携し、チーム医療を実践していく中で臨床心理士・公認心理師に求められる役割について考える。チームアプローチの考え方、さまざまな専門領域における支援の実際についての理解を深める。

章の構成

1.保健医療分野における心理臨床 
2.医療におけるアセスメントと心理支援 
3.多職種協働・チームアプローチ 
4.支援の実際 Ю鎖晴福児童精神科 
5.支援の実際◆発達障害―成人期の発達障害に焦点を当てて 
6.支援の実際:うつ病の復職支援 
7.支援の実際ぁО預絃鼻
8.支援の実際ァ認知症高齢者 
9.支援の実際ΑГん医療・緩和ケア 
10.支援の実際А痛み・疼痛へのアプローチ 
11.支援の実際─糖尿病・透析患者への心理支援 
12.支援の実際:遺伝カウンセリング 
13.支援の実際:周産期・小児科 
14.地域保健活動 
15.災害における心理支援
販売価格 3,190円(税290円)
型番 s441

番組表から探す

カテゴリーから探す

コンテンツ